Global Data Center Engineering

詳細設計


StructureGDCEGreen600多くの建設会社は数十年あるいは数世紀に渡る経験を誇る一方、データセンターの設計と建築に関しては、経験が浅い会社がしばしばみられます。データセンターは、オフィスビル、ホテル、高層マンションとはまったく異なる特殊な構造となります。資源の過剰な無駄を省きながら、効果的かつ効率的に運用できるデータセンターを確保するためには、経験豊富なコンサルタント会社による詳細設計が必要不可欠といえます。

詳細にこそ意味がある

正確性が詳細設計の全てです。すべての要素、すべての「詳細」が考慮される必要があります。どんなに些細で、取るに足らない事柄でも、長期的に大きなコストインパクトにつながります。
データセンターデザインにおける一つ一つの決定事項―ドアのようなシンプルなものでさえも、性能面、管理面、運用面、経済面において長期的影響を与えます。シンプルかつ些細な詳細が、データセンターの運用コストを二倍、三倍にすることがあります。
詳細設計は、建築、機会、電気、ケーブリング(配線)、モニタリング、自動化(何を自動化し、何を手動として残すか)、人命安全、持続可能性の目標、運用、ヒューマンエラー管理、周辺地域への考慮、条例、契約および設計基準の合致等といったすべての面を考慮する必要があるのです。

データセンター構造

デー タセンターを設計および実装するには、多くの方法があります。モジュール構造、自立型インフラ、転用倉庫、伝統的なコンクリートと鋼鉄の組み込みのために構築された設備、マイクロモジュラー。これらは、より一般的なデータセンターの構造オプションのほんの一部です。これらの空間内では、スペースを計算するために、電力や冷機の給電オプションが更に展開されます。可能性の無限な組み合わせが考えられるため、様々な建設と構成オプションを熟知したディテールデザイナーを選ぶことが非常に重要となります。グローバルデータセンターエンジニアリングは、ここで紹介した全ての事例経験があり、その他多くの建設および構成設計を手掛けて参りました。GDCEは、あなたの次のデータセンターの設計をお手伝いします。

Global Data Center Engineer Back to Top Man