Global Data Center Engineering

ヒューマンエラー管理


HumanErrorManagement500今日におけるデータセンターの停止は、7割から8割がヒューマンエラーによるものだと報告されています。ですが、実際には業界内ではこの問題に関する関心が薄いというのが現状です。

ミッションクリティカル
これは、すべての企業に当てはまるものではありません。数多くのデータセンターが‘ミッションクリティカル’について語るなか、そのほとんどが該当しません。もしも、リアルタイムデータを24時間、365日処理するようなデータセンター(メールやファイル管理ではない)であれば、ミッションクリティカルが要件としている厳しい基準を満たすことはありません。金融機関、航空交通管制、鉄道の自動化、核エネルギー、軍事施設のセキュリティ等がミッションクリティカルシステムの例です。これら機関がミッションクリティカルシステムを損失した場合、重要な財務上の損失、風評の低下、あるいは人命の損失さえも考えられます。

私どもの使命:データセンターにおけるヒューマンエラーによる停止をゼロに!
すべてのデータセンターが停止を削減することによってその恩恵を受けることになりますが、ヒューマンエラー管理の規律は非常に厳しく、困難なものです。次に紹介する業務に対し、揺るぎない責任感が必要とされます。グローバルデータセンターエンジニアリングは、データセンターの停止を削減するに重要なヒューマンエラー管理システムを定義するにあたり、航空および核エネルギー分野に焦点を当て、研究してまいりました。ヒューマンエラーによる停止を削減することを目標に、運用、管理および日常的業務にこのヒューマンエラー防止対策を適用してまいります。

GDCEがどのようにデータセンターの停止頻度を減らしていくかご興味がございましたら、お問い合わせ下さい。お待ちいたしております。

Global Data Center Engineer Back to Top Man